ゲストのおもてなし

披露宴などに出される食べ物に気を遣う

ブライダルフェアで、一番人気があるのは披露宴用の料理の試食会ということはよく知られています。招待してもらえてよかったと心から感じてもらえるような結婚式にするために、ゲストが最も期待する料理を式場選びの基準の一つにしているカップルが多いのです。ゲストのことを考えてもてなすためには、招待される側の立場になって考える必要があります。食べ物アレルギーを持っている人を招待する予定なら、代わりの食材や料理にはどのようなものを出してくれるのか、料理のジャンルは正統派のフレンチなのか、それともオリジナリティが高いフュージョン料理なのかという点なども見ておきましょう。パーティーが開始される前に提供されるウェルカムフードやドリンクにも気を配ることも大切です。

ただ見るだけの結婚式から一歩進んで

おもてなしを意識する結婚式が支持されるようになってからは、ゲストを退屈させないように考える新郎新婦が増えていきました。確かに結婚式の主役は新郎新婦、特に花嫁と言われています。でも、せっかく忙しい合間を縫って自分たちの結婚式に出ることを選んでくれたゲストに、その結婚式のプログラム全体を通して感謝の気持ちを伝えることも非常に大事なことです。演出にもゲスト参加型のものが増えています。披露宴で何度か流れるビデオ演出も、自分たちのなれそめや自己紹介用に使って終わりにするのではなく、参加者の名前が記載されたエンドロールをエンディングで流すことで、ゲストは自分たちもこの結婚式を作り出した一人なのだと感じてもらえます。