綿密な役割分担

共通でかかる費用をどうするか

結婚式を結婚式場で行おうとすると、数十万円から数百万円以上かかるときもあります。結婚式は若い人同士が行うケースが多く、それらのお金を準備するのも大変です。結婚をすれば夫婦として家計は一つになりますが、だからと言ってどちらかに負担が偏るのも問題があります。まずは、共通でかかる費用にどんなものがあるかを考えてみましょう。式場の費用などは共通になるでしょうし、仲人への支払いなども共通になるでしょう。共通の費用は、両家で折半するとわかりやすくなります。若い新郎新婦だと親や親族が負担するケースが多くなります。そのため、会場選びなどでは新郎新婦のみが決めるのではなく、金銭を負担する人たちの意見も聞きながら決めないといけません。

新郎新婦それぞれでかかる費用

結婚自体は他人である男女が行います。どちらが主役などはありません。でも結婚式となると少し話は変わります。通常は新婦が主役として、新郎は新婦の引き立て役に回ります。衣装も新婦のウェディングドレスの方が高くなりますし、結婚指輪も新婦の方が高いものを選ぶときがあります。結婚式ではお金がかかりますが、費用を負担するときに互いの関わり方で割り振りを決める時があります。衣装以外では参列者の人数があります。新郎新婦で同人数の参列者の時もあれば、新郎側が多くなったり新婦側が多くなったりもあります。多ければその分負担を多くするときがあります。遠方からの参列者には宿泊費用などが必要になるときがあり、それも加味して負担を考える時もあります。