二人のボーダーライン

後悔しないための前撮りとは

一生に一度の結婚式。後で思い出に浸る時に「やって良かったな」と思うことは余すことなくやっておきたいと考えるのは新婚夫婦の心理ですよね。
そこで思い浮かぶもののひとつに、『前撮り』が当てはまる方も少なくないでしょう。
「神前式だから、前撮りはドレスで撮りたい」「当日着られないドレスを前撮りで着たい」「モデル気分を味わいたい」など、様々な理由で前撮りを希望するカップルは多くいます。
ですが、やりたいことをやりたいだけ詰め込みすぎると、請求書を見て現実に引き戻されてしまう…なんてことになりかねません。
料金を大きく左右すると言える『衣装の数』と『撮影場所』について、2人が譲れないポイントはどこなのかを事前にきちんと話し合いましょう。

ゲストも満足できるコース料理を

結婚式とは、今までお世話になった方々へ感謝を伝えるものでもあります。まさにそれを形として当日提供できるもの、それは『コース料理』です。
ゲストの多くが期待を寄せていると言っても過言ではない当日のコース料理は、手を抜くと案外伝わってしまうものです。
折角の2人の門出。「出席して良かった」と思ってもらえるような素敵なお披露目の場にしたいと思ったら、1番に気を配りましょう。
メインは何にするのか、デザートはバイキング形式にするのか、何か演出を加えるのか、そう言ったところを2人の懐事情と相談しながら決めていく必要があります。
普段食べることの出来ないような高級食材が使用されていたり、コンセプトに沿った料理が並べられると、満足度も高まり、式自体に華が添えられるでしょう。